全身脱毛のジェル「寒い」「冷たい」はかなりキツイ

ワキの自己処理が面倒になり「ミュゼ」に行ってみました。

最初は手頃な価格で少しだけ・・・という気持ちでサロンの扉を開いてみたのですが、予想通りスタッフに上手に心を動かされ、全身脱毛をすることに。
当時は時間>お金という優先順位だったので、手間が省けて綺麗に処理できるならと始めてみる決意をしました。

勿論Vライン、Iラインもです。デリケートゾーンの脱毛はかなり痛いとの感想を知人から聞いていました。
元々痛みに強かったので、自己処理から解放されるのなら少しの痛みくらい・・・と思い、特に不安も心配もありませんでした。
実際施術をしてみると、全身のどこの部分においてもほとんど痛みを感じませんでした。痛みの感じ方には個人差があるので、私が鈍感なのかラッキーだったのかは判りません。

ただ1つ、とても辛かったのが脱毛の際に塗るジェルです。
これがビックリするほど冷たいのです。恐らく、ワキ等の一部だけなら冷たくて気持ち良いと感じたりするかもしれません。それが全身となると、冷たい上にその我慢が数時間続くのです。
胸や背中に塗られた時の冷たさは苦痛以外のなにものでもありません。これには予想外過ぎてノーマークでした。
スタッフとの会話も終盤は「寒い」とか「冷たい」など苦痛を訴えることばかりに(苦笑)。

施術が終わると温かいお茶を出していただきましたが、私の唇は真っ青。毎回ぐったりして帰りました。こんなところに苦痛を感じるとは・・・。寒さに弱い方には気を付けていただきたいと思います。